フェイシャルエステの主な種類

フェイシャルエステと一言にいっても、その種類は非常に多く、肌の悩みに合わせて選べるしくみになっています。

また、同じメニューでも、サロンごとに内容が異なるため、自分の悩みや希望に合ったフェイシャルエステを選ぶことをおすすめします。

ここではフェイシャルエステの主な種類を紹介します。

ケミカルピーリング

古い角質を除去し、新しい角質への生まれ変わりを促すスキンケア方法です。

健康な肌の場合、角質は約28日周期で生まれ変わっており、古い角質は自然にはがれ落ちていきます。

しかし、加齢やストレスなどによって新陳代謝が低下すると、古い角質がはがれずに残留し、毛穴をふさいでニキビや吹き出物、くすみなどの原因となってしまいます。

ケミカルピーリングでは、たんぱく質を融解するフルーツ酸(AHAなど)を使用し、古い角質を科学的に除去することで、肌の生まれ変わりをしっかりサポートします。

イオン導入

美肌成分として知られるビタミンCやコラーゲンは分子量が大きく、そのまま肌に塗っただけではうまく浸透させることができません。

イオン導入では、肌に微弱な電流を流し、美容成分をイオン化させることで、角質層の奥まで効率良く浸透させることが可能となっています。

その浸透力は通常の30~100倍相当と言われており、美白や美肌の即効性を期待することができます。

フォトフェイシャル

『IPL』と呼ばれる光エネルギーを照射するフェイシャルケア方法です。

光エネルギーにはシミ・くすみのもととなるメラニン色素を撃退するはたらきのほか、肌のハリ・弾力のもととなるコラーゲンの生成を促す作用があり、美白やアンチエイジング効果を発揮します。

従来のレーザーエネルギーとは異なり、肌への刺激が非常に少ないところが特徴で、敏感肌の方のニキビケアなどにも活用されています。

ホワイトニング

美白効果のあるローションや美容液などを使用し、マッサージを行う方法です。

ローションや美容液にはプラセンタやビタミンCなどの美容成分が含まれており、プロのエステティシャンがマッサージすることで、より効率的に美白効果を得ることができます。

リフティング

加齢によるフェイスラインのたるみや二重顎を解消するケア方法です。

顔筋やリンパ腺にほどよい刺激を与えることで、余分な老廃物や水分の排出をうながし、たるみやむくみを解消します。

一般的にはヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容液を使用してハンドマッサージする方法が主流ですが、サロンの中には超音波マシンを利用するところもあります。

たかの友梨
10kg減量成功はるな愛に続け! 超夏得エステ3コース3,000円
www.takanoyuri.com/

スリムビューティーハウス
東洋美容に基づく本格エステ≪顔筋美顔コース≫誕生!
www.slim.jp/

エルセーヌ
今だけ半額!エステ体験料金525円 から たっぷり90分体験コース
www.elleseine.co.jp/

Copyright (C) 2012 フェイシャルエステ All Rights Reserved.